全国町並み保存連盟:〒112-0002 東京都文京区小石川5−3−4 ラ・ヴェリエール文京6階 まちづくりカンパニー・シープネットワーク内

The Japanese Association for MACHI-NAMI Conservation and Regeneration

c/o Machidukuri Company Sheep Network, La Verriere 601, Koishikawa 5-3-4, Bunkyo-ku, Tokyo, Japan

T: 03-6240-0321, F: 03-5802-7473, M: matinami@pop02.odn.ne.jp

★事務局へいただいた書籍・報告書などです

★ご寄贈いただいた皆さま、ありがとうございます

★表紙またはタイトルをクリックするとアマゾンまたは関係のページへ行きます

​ これら書籍・報告書等の紹介をお願いします。執筆いただける方はご連絡ください。

201908地域人47表紙.jpg
20190705161837.jpg
20181223134823.jpg
明倫ルールブック表紙.jpg

July 09, 2019

地域人:特集生きている町並み

地域人47号。各地の町並みと、その町並みで生きる人を森まゆみさんが取材。取材にあたっては、全国町並み保存連盟が全力で支援をしています。今回は、増田、気仙沼、村田、新潟市古町花街、根岸・谷中、足助、八女が取り上げられています。

July 04, 2019

小諸の城下町の魅力からまち歩きまで、とてもよくできたガイド。充実の48ページ。A4フルカラー、一部500円。

July 04, 2019

日本でも地域再生の起死回生の手段と期待される「まちなか丸ごとホテル」。観光庁は全国200箇所という目標を掲げるが、本場イタリアのアルベルゴ・ディフーゾは如何? 気になったのは森まゆみさんの次の一節:「日本では、古民家をリノベーションしたゲストハウスや、集落の文化資産を生かした分散型の宿が増えつつあるが、多くは行政や国の補助金が入っていて、それがまた画一的なモデルとなりがちである。自分の町を愛し、リノベーションも地域に根ざしたやり方を選んで、「みんなでよくなろう」とするイタリアの個性的な宿づくりには、学ぶところが多い」いずれも個性あふれる20の宿が紹介されている。

December 05, 2018

赤レンガ保存実行委員会『龍ヶ崎・国登録有形文化財:赤レンガ門塀保存活動の記録』

龍ヶ崎の人々が、旧諸岡家住宅の煉瓦門と塀の保存を目指して、2006年に赤レンガ保存実行委員会を立ち上げてから、移築保存を達成し、国の登録文化財とするまでの12年間の活動の記録

March 15, 2018

岩波書店、A5版、191ページ、2018.3.15

​理事長の新著。福川理事長は(一社)クリエイティブタウン推進機構(http://creative-town.com)の代表もつとめる。同機構理事・城所哲夫東大准教授との共著。

March 12, 2018

東京大学出版会、菊判、505ページ、2018.2.20

​堀川三郎氏は現在法政大学社会学部教授。30年以上にわたるフィールドワークの成果。大著です。今年度の都市計画学賞を受賞されました。おめでとうございます。

February 16, 2018

妻籠を愛する会『妻籠宿保存50周年記念事業』

A4、110ページ、2018.2.3

2018年2月3日、妻籠で開催された保存50周年記念事業で配布されました。小林俊彦さんなど草創期をになった方々へのインタビューが興味ふかい。年表も秀逸です。

March 15, 2018

吉川美貴『まちづくりの非常識な教科書』

主婦の友社、B6版、191ページ、2018.3.20

​村上の吉川さんの新著。副題「35万円で10億円の経済効果を生んだメソッド」

September 30, 2017

A5版、30ページ、2017.10.1

​ホテル建設、民泊急増など、何かと騒がしい京都の中心・明倫学区の住民たちが作成したルールブック。川越一番街の「町づくり規範」をモデルにしていたいだとか。明倫自治連合会のホームページから入手できます。

Please reload